Pool Engrish「To Old Soul」 ~古き良き魂へのエレジー~

友人のミュージシャンPool Engrishさんが、新曲「To Old Soul」をリリースしました。6月8日よりAmazon等で配信開始されています。

 


To Old Soul

 

今回は正統派ロックです。前作の「humid」ではボサノバ調のミステリアスな雰囲気が前面に出ていましたが、今作はシンプルで力強いギターリフと、メッセージ性のあるリリックのミドルナンバーです。

オトノハコ(地元新潟の音楽スタジオ)の社長さんに、「このギターソロ、ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)みたいだな!」と言われたそうです。Pool Engrish十八番のギターソロは健在でした。

タイトルからも窺えるように、今作は彼の古典・王道的なロックへのオマージュといえるわけですが、近年著名なミュージシャンが頻繁に亡くなっていること、とりわけ世界的ロックバンドAC/DCのメンバー(マルコム・ヤング)が2017年に亡くなったことへの哀悼の意が、この「To Old Soul」という曲を生み出すきっかけになったのだそうです。

今回この紹介文を書くにあたって、AC/DCの代表曲の一つ「Highway to Hell」を聴いてみたのですが、なるほど今回のPool Engrishさんの作品は、この曲(少なくともこの曲からにじみ出ているロックの哲学)に対する真摯なトリビュートソングなのだなと感じました。2曲を聴き比べてみるのもおもしろいと思いますよ。

音楽と文学、ジャンルは違えど古典を愛し今を生きる者として、彼とはこれからも切磋琢磨していくことでしょう。Pool Engrish「To Old Soul」、是非とも聴いてみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA