#54 ヘッセ 『シッダールタ』 ~我が道を行く~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

第54回目。何が正しくて、何がまちがっているのか。誰かに確実な方法を教えてもらいたい――正解か不正解の2択にこだわっている時の自分は、得てして視野が狭くなっています。僕自身、そんな時に読み返したくなる本をご紹介したいと思います。

 


シッダールタ (新潮文庫)

 

★     ★     ★

#54 ヘッセ 『シッダールタ』 ~我が道を行く~

ドイツの文豪ヘルマン・ヘッセHermann Hesse, 1877-1962)の代表作の一つ。シッダールタというタイトルから、仏教の祖である釈迦の出家前の名前を思い浮かべると思います。けれどもこの物語の主人公シッダールタは、釈迦とは別人です。釈迦(仏陀)と同じ時代を生きたシッダールタという名の架空の人物が、自身のバラモンという最高位の身分を捨て、悟りの境地を模索する姿を、僕たちと同じ等身大の人間の視点から描いた作品です。

出典:ヘルマン・ヘッセ作/高橋健二訳 『シッダールタ』 新潮文庫, 平成25年・第72刷

 

★     ★     ★

バラモン(司祭の階級)の子シッダールタは誰からも愛される聡明な若者で、聖典をよく学び、神々の創造した世界について日々思索をめぐらせていました。しかし彼は自身の生活や世の中について、それまでの環境で学んできたことだけで答えを見出すことに疑問を感じていました。

バラモンとその聖典は、なんでも知っていた。(・・・)しかし、そういういっさいを知ることに価値があったろうか。もしも一つのもの、唯一のもの、最も重要なもの、ただ一つ重要なものを知らないとしたら。

(p.12)

周囲には師と仰ぐ立派な人たちが多くいましたが、そんな彼らもまた、何かを求めて悩み考える道半ばの個人でしかないと考えたシッダールタは、「唯一のもの」を求め、生家を出て沙門(修行者)となる決意を固めます。

親友のゴーヴィンダと共に沙門の道を歩み始めたシッダールタは、やがてゴータマ(仏陀)という賢者が人々に教えを説いていることを知ります。感銘を受けたゴーヴィンダは仏陀の教えに帰依します。しかしシッダールタは、仏陀の教えを最上のものとして賛美しながらも、彼のもとに留まろうとはしませんでした。彼は仏陀にこう言いました。

あなたが仏陀であることを、あなたが目標に到達したことを、(・・・)私は一瞬たりとも疑いませんでした。(・・・)それはあなた自身の追究から、あなた自身の道において、(・・・)認識によって、悟りによって得られました。教えによって得られたのではありません! それで、私もそう考えるのです。(・・・)何ぴとにも解脱(げだつ)は教えによっては得られないと!

(p.48)

シッダールタは仏陀の教えを否定したのではありません。仏陀が自身の思索や苦行の末に悟りを開いたように、シッダールタ自身も、誰かの示した道ではなく、自分の道をひたすら進み続けることによって彼なりの結論に達したいと考えていました。彼にとっては、「いっさいの教えと師を去って、ひとりで自分の目標に到達する」ことが、悟りへのただ一つの道だったのです(p.49)。

友と別れ、師から離れたシッダールタは俗世間に出て、そこで遊女カマーラと出会います。高級娼婦である彼女の愛を勝ち得るために、彼はそれまでの貧しく禁欲的な沙門の生活から一変、町でいちばん裕福な商人のもとで働き始め、実業家としての才覚を発揮し成功を収めます。

商売に勤しみ、ぜいたくな暮らしをし、女性の愛に満たされていたシッダールタですが、やがてその生活にも虚しさを感じ始めます。多忙と享楽の人生は、いわば「遊戯」であり、延々と繰り返される「輪廻」であった。そのサイクルに自ら終止符を打ち、彼は家を捨て、町を捨て、あてもなく森の中をさまよい歩きます。

自分はもはやもどることはできない、長年いとなんできた生活は過ぎ去り、嘔吐をもよおすほどに味わいつくし、吸いつくした、(・・・)彼はもう飽き飽きしていた。みじめさと死とでいっぱいだった。彼を誘い、喜ばせ、慰めうるものは、この世にもう何ひとつなかった。

(p.110-111)

一時は死を望んでいた彼でしたが、再び悟りを模索すべく森に留まります。そして以前知り合った渡し守ヴァズデーヴァの世話になり、川のほとりでの穏やかな生活を送った末、流れゆく川のようにあるがままを受け容れる境地に辿り着いたのです。彼は再会した親友ゴーヴィンダに、自身の世界観を語ります。

世界は不完全ではない。完全さへゆるやかな道をたどっているのでもない。いや、世界は瞬間瞬間に完全なのだ。あらゆる罪はすでに慈悲をその中に持っている。(・・・)それゆえ、存在するものは、私にはよいと見える。(・・・)いっさいはただ私の賛意、私の好意、愛のこもった同意を必要とするだけだ。

(p.183)

世の中はどこに向かって、どう動いていくべきなのか。何が正しくて、何がまちがっているのか。そういった事象や選択に一喜一憂するのではなくて、今この瞬間に存在し、起こっている物事のいっさいには意味があり、慈悲があり、そして愛が介在していることに思いを馳せてみる。

おだやかな流れ、激しい流れ、水が見せるあらゆる様相が世の中の断片であり、それらが川という一つの道に集約されている。僕たちが目にしているその流れの一瞬一瞬こそが、既に完成された世界であり、受容に価する人生である。おそらくはそういうことなのでしょう。

シッダールタがこのような結論に辿り着き、彼の目指すところの「唯一のもの」を知り得たのは、かつて俗世間において様々な人生経験を積んだことが大きかったのではないでしょうか。若き沙門の頃、もしも彼が何の疑問も抱かず仏陀の弟子になり、彼の教えに忠実に従い続けるだけの人生を送っていたなら、彼は仏陀の提唱する救いの中では幸福になれたかもしれません。

しかしシッダールタ自身が純粋に疑問を抱き、目指すべきと感じていた道筋はそこで閉ざされてしまい、ありのままの自分を生きることは叶わなかったはずです。彼は他人から学ぶよりも、あらゆることを体当たりで経験する生き方を選びました。彼はこう考えます。

「知る必要のあることをすべて自分で味わうのは、よいことだ」

(p.126)

紆余曲折の道のりに、無駄なことなど何ひとつない。むしろ、それらの血の通った経験の一つ一つから、その人にしか語り得ない真実、というか人生の醍醐味を見出すことができるのだと思います。

濁流のごとく時の過ぎゆく不透明な時代において、僕たちは常に正しい答えやよりよい方法を最速で得ることを意識するあまり、他人の提唱する情報や意見に惑わされがちです。そんな中でも、まずは自分の軸をしっかりと持って、自分自身の経験として成功も失敗も等しく積み重ね、そこから己の目指す道を確立していけたなら……この作品を読み、そんなふうに思わされます。

ヘルマン・ヘッセ『シッダールタ』、是非とも読んでみてください。

それでは。

 

 

#53 ブッツァーティ 『道路開通式』 ~道なき道~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

第53回目。度々更新が滞っております。こんなことならもう書かなくても一緒だろうと弱気になりつつも(笑)、やはり書ける限りは続けたい。一度決めた自分の道を進むことの難しさ、その意味について、今回は敢えてシビアな世界観で伝えてくれる作品をご紹介します。

 


七人の使者・神を見た犬 他十三篇 (岩波文庫)

 

★     ★     ★

#53 ブッツァーティ 『道路開通式』 ~道なき道~

イタリアの作家ブッツァーティDino Buzzati, 1906-72)の短編小説。以前「神を見た犬」という作品を少しだけご紹介しましたが、同じ岩波文庫の短編集に収録されています。世の中や人生の在り様を象徴的に描くシュールで謎めいた作風が特徴です。今回ご紹介する作品の「道」というテーマに、皆さんは何を見出すでしょうか。

出典:ブッツァーティ作/脇功訳 『七人の使者 神を見た犬 他十三篇』 岩波文庫, 2014年第2刷

 

★     ★     ★

時代は19世紀半ば。首都から80キロ離れた国境近くの荒野のど真ん中に、サン・ピエロという町がありました。その町と首都とを結ぶ道路がつくられ開通式が行われることとなり、内務大臣のモルティメール伯爵は祝典に出席するためサン・ピエロへの道のりを旅することになりました。

開通祝賀の旅は、道路がまだすっかり完成されてはいず、サン・ピエロ側の最後の二十キロが大ざっぱな石ころ道のままだということだったが、工事の責任者が馬車で終点まで行けるだろうと保証したので、挙行された。

(p.237)

そもそも道が完成されていないのに、開通式を執り行うというのも妙な話です。しかし統治者の決定事項を遅らせることはできず、サン・ピエロの人々の期待も裏切ってはならないという国としての矜持を優先し、伯爵一行は4台の馬車と護衛隊を伴い、予定通り辺境の地へと向かいます。

旅は最初こそ順調でしたが、道路が未完の地域まで来ると状況は一変します。見渡すかぎり赤茶けた不毛の大地が続き、馬車は悪路に何度もひっくり返りそうになります。そしてあろうことか、でこぼこだらけの道路ですらも途切れてしまい、そこから先は全く道がないという事態に直面するのです。

工事が勝手に中断されていた事情を問おうにも、同行していたはずの工事責任者はいつの間にか脱走していました。どこへ行けばいいのか分からない状況で、モルティメール伯爵の同行者たちは口々に首都に引き返すことを主張しますが、伯爵は頑として聞き容れません。

モルティメール伯爵は大声で先へ進むんだとその固い決意を披瀝した(・・・)たとえ歩いてでも、と。サン・ピエロでは住民たちが待ちかねている、貧しい人びとが立派な祝典を準備するために莫大な費用を負担したのだ、ほかの者たちは引き返すがよい、だが自分にとっては、これは果たすべき貴い義務なのだ、と言うのだった。

(p.242)

伯爵は二人のお供だけを従え、後は馬車も人も返してしまい、岩だらけの荒野を歩き続けます。ようやく一行は土地の老人に出会います。伯爵は老人にサン・ピエロはまだ遠いのかと尋ねます。しかし老人は、「サン・ピエロなんて町は聞いたことがない」と答えるのです。……

自分を待っているはずの町の人たちのため、モルティメール伯爵は己の信念を曲げませんでした。しかし進めば進むほどに町は遠ざかり、果てはサン・ピエロという町の存在すらもほとんど非現実のものとなってしまう。物語の最後で伯爵は、お供の二人にこう告げます。

「さて、あんたがたは私のためにずいぶんと犠牲を払った。明るくなり次第、二人はもう引き返したまえ。私はまだ先へ進むつもりだ。たどりついても今さら遅すぎることはわかっている。でも、むこうの、サン・ピエロの連中が私を待っていてくれたのを無駄にはしたくないんだ。(・・・)」

(p.246)

この先、おそらく彼は目的地に到達できず、荒野の真ん中で孤独に力尽きるのではないかと想像できます。不可能だと分かっている状況でも、進み続けることの意義とは何でしょうか。

この物語は、めまぐるしく変化する世の中の、国の政策や経済活動などにおける見切り発車的な改革や進歩のプロセスなんかを風刺しているとも読めます。けれども、世情に疎い理想主義者の僕などは、やはり個人の生き方という視点でこの作品を読んでしまいます。

努力すれば必ず報われる、などという考えは、この作品の世界観のみならず、僕自身の人生においても、じっさい放棄されつつあります(苦笑)。明らかに無茶・無謀・無理・無意味・無駄、そういう未来を自ら描かざるを得ない現状で、それでも進み続けることを己に課して生きている。大げさかもしれませんが、これが現実だったりします。

だからこそ、僕は文学に救われています。モルティメール伯爵のごとき作中人物がいて、それを生み出した作者がいて、それを受け容れる読者がいる。それだけで何故か今日も、そして明日も頑張ろうと思える。他人に強いたり勧めたりする生き方とはとても言えませんが、それがどうしても必要な頑固者にとっては、やはり有難いものです。

……道なき道にも、道しるべは、ある。

それでは、今日はこれで失礼いたします。