二度と出られない?

江戸川乱歩の「お勢登場」という短編で、子どもと一緒に家の中でかくれんぼをしていて、長持の中に隠れたまま出られなくなり窒息死する男の話があります。「長持(ながもち)」とは昔の家具で、衣類や夜具などを収納するためのものです。


※「お勢登場」はこちらの短編集に収録されています。
(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

今は実物を見かけることはあまりなくなりましたが、大きいサイズのものだと、どことなく棺桶を思わせる直方体のいかめしい木箱で、件の小説に出てくる長持も、そんな感じのものなのかなと想像しながら読んでいました。

衣類や夜具の間に身体をぎゅうぎゅうに押し込めて、中から蓋を閉めると、暗闇と全身を包むふかふかの感触が、なかなかに居心地よさそうです。しかし、蓋を閉めた時に掛け金がかかってしまいオートロック状態に…内側から開ける術はなく、密閉された空間で酸素の供給が尽き、男は命を落としてしまうのです。

上記はあくまでフィクションですが、昔の子どもは長持の中でかくれんぼしてはいけない、などと親から注意されていたのでしょうか。ちなみに僕自身は、冷蔵庫の中に入って遊んではいけないと言われた世代です。昔の冷蔵庫は、中からは開かない仕組みになっていたようで、小さい頃、特に祖父母から、厳重に言い含められた記憶があります。

参考:冷蔵庫による事故死(Wikipedia)
https://w.wiki/5Esb

ウィキにもあるように、最近の冷蔵庫は内側からも開けられるそうですが、子どもの時分に冷蔵庫の恐怖を叩き込まれている身の上、ことさら気の小さい僕などは、本当に脱出可能か、おそろしくて実験してみる気も起きません。今の子どもたちにも、とにかく危ないから冷蔵庫には入っちゃだめだよと言うと思います。

ホアキン・フェニックス主演の映画『ジョーカー』でも、主人公が自宅の冷蔵庫の中のものを次々と外に放り出し、自ら中に入ってドアを閉めるシーンがありましたよね。冷蔵庫に入ったら二度と出られないと思っていた僕としては、てっきり主人公が自殺したものと思い、その後の展開にひどく混乱したものです。


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

小心者の話で恐縮でしたが、たとえ内側から開くとしても事故のリスクがゼロになったわけではないと思うので、特に小さなお子さんのいらっしゃるご家庭の皆さまにおかれましては、くれぐれも御注意くださいませ。

それでは。

 

付和雷同

先日、雷が鳴り響いていた夜中過ぎのこと。バリバリとものすごい音に何度も起こされ、それでも眠いのでじっと目を閉じていると、急に瞼の裏がパッと赤く光るのを感じました。目を開けると、寝る前に消したはずのシーリングライトが点灯しているではありませんか。

落雷と同時に誤作動で勝手に点くことがあるというのは知っていましたが、いざ寝ぼけまなこで体験してみると、それなりにパニックです。誰かが部屋に侵入して来たのか、はたまた怪奇現象か、寝起きの頭で状況整理をするのにしばらく時間がかかりました。

外で雷が光ったからといって、何もお前まで一緒になって光ることはないのだ、主体性のないミーちゃんハーちゃんめ、などと天井に向かって悪態をつき、これがホントの付和雷同よ、などとくっだらないことを考えながら、再び消灯。いつしか雷も止み、その後はぐっすり眠れました。

付和雷同――自分の考えを持たず、安易に他人に同調すること。なぜに「雷」同なのかは分かりませんが、この四字熟語のルーツは中国古典の『礼記(らいき)にさかのぼります。礼記は儒教における「礼」についてまとめた書物で、ものすごくざっくり言えば、いにしえのマナー本です。

該当の原文は「毋勦説、雷同」で、「勦説(そうせつ)することなかれ、雷同することなかれ」と読みます。※勦説=他人の意見を盗む、雷同=むやみに他人の意見に同調する(参考:竹内照夫『新釈漢文大系27 礼記 上』明治書院, p.26-27)。

礼記には、今の時代にも通じる基本的な礼儀作法がたくさん載っています。上記のような分厚い本で徹底的に研究するわけでなく、ダイジェストでいいから、子どもと一緒に親しめるシンプルな入門書を読んでみたいという方には、こちらをおすすめします。


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

まず礼記とはどんな書物なのかを冒頭で端的に説明し(子どもにも読みやすいように、本文の漢字にはすべてルビが振ってあります)、様々な礼の教えの中から分かりやすいものを取り上げ、原文付の書き下し文・訳・解説まで、大きな字で読みやすく記載しています(ちなみに本書には「雷同することなかれ」は載っていません)。

外出時に行き先を告げ、帰ったらただいまと言おうとか、ドアを開けて入る際、後に続く人がいたらドアに手を添えてあげようとか、身近なマナーが多いのですが、大昔からそういう考えが変わらずあったということが、ある種の嬉しい発見でもあります。

きらいな人にも良いところを見つけてあげよう、などといった難題(笑)もありますが、礼記に書かれているマナーを日常に取り入れることで、僕たち現代人が当たり前と思いながら出来ていなかった基本に立ち返ることができるのではないかと思います。

手前味噌ですが、「ドアに手を添える」という教えに関しては、どうにか僕自身、近所のコンビニで日々実践するチャンスに恵まれています。

それでは、今日はこれにて失礼いたします。