#10 バルザック 『ゴリオ爺さん』 ~親父ノナカノ親父~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

10回目。偶然にもこの作品を「父の日」に紹介することになりました。

 


ゴリオ爺さん(新潮文庫)

 

★     ★     ★

#10 バルザック 『ゴリオ爺さん』 ~親父ノナカノ親父~

フランスの作家バルザックHonoré de Balzac, 1799~1850)の代表作である『ゴリオ爺さん (Le Pére Goriot, 1835) 。「父性のキリスト」と称されるゴリオ爺さんのように、愛する娘に「与えるばかり」をモットーに、父の日はむしろ娘さんに贈り物をするのもアリかもしれません。

出典:バルザック著/平岡篤頼訳 『ゴリオ爺さん』 新潮文庫、平成十八年34刷

 

★     ★     ★

製粉業者として財を成し、パリの上流階級に二人の娘を嫁がせたゴリオ爺さん。舞踏会だの、晩餐会だの、セレブの社交界で娘たちの虚栄心を満たすのに必要な大金を援助してやるため、自分は薄汚い下宿の最下等の部屋で爪に火をともすような倹約生活に甘んじています。

そんなゴリオ爺さんに娘たちは感謝をするどころか、労働階級の垢抜けない父親の存在を疎んじ、お金をせびる時でもない限り会おうともしません。ツンデレとかそういう次元ではなく、もはや虐待に近いと言えます。それでも、父は娘が喜んでくれさえすれば自分のことなどどうでもいいのです。

「あの子たちの喜ぶのが、わしの生き甲斐じゃでな。(・・・)夕方、あの子たちが舞踏会へ行くために家を出るとき、わしが娘たちに会いに行くのが、法律にそむくとでもいうのかね?(・・・)ある晩などは、二日前から会っていなかったので、ナジー(長女)の顔を見るために、朝の三時まで待ちましたな。嬉しくて危うく死にそうでしたわい。」

(p. 204~205、下線部分は補足)

ゴリオ爺さんの娘への依存度はすさまじいものがありますが、娘を持つ父親なら、彼のこの気持ちがまったく理解できないなんてことはない筈です。けれども、ゴリオ爺さんは普通の父親とは少し違うところもあるようです。

というのも、とかく世の父親という生き物は、娘の恋人(なぜか婿というよりも)に対して奇妙なライバル心のようなものを抱き、必要以上によそよそしく接したり、自分を誇示するような態度をとったりと、ある種の威嚇めいた言動をしがちです――しかし我らがゴリオ氏は、娘に笑顔をもたらす男のためならば、喜んでその男の「長靴を磨き」、「使い走り」(p. 230)をする人なのです。

その恋人の男こそ、本作品のもう一人の主人公で、ゴリオ爺さんと同じ下宿の隣人である貧乏学生、ウージェーヌ・ド・ラスティニャックです。情熱的で心の優しい青年は、ゴリオ爺さんの苦しみを理解し労わる「親孝行の息子」の側面を持っています。

「あの気の毒な老人はずいぶんつらい思いをしてきたんだ。彼は自分の苦しみについてはひと言も言わないが、それが察しられない男がいるだろうか? よし! おれが自分の父親みたいに面倒をみてやろう、彼にうんと楽しい思いをさせてやろう。」

(p. 346~347)

もちろん、パリという人生の戦場で一旗揚げようと目論む野心家としてのラスティニャックを、優しさだけで語れるものでは到底ありません。そもそもこの小説は、そこに描かれるテーマにしても、数多くの魅力的な登場人物たちが織りなすドラマにしても、はてしなく複雑で濃厚な作品なのです。

今回はやはり「父の日」を意識した紹介文になりました。最後に――父親として、男として、日々の努力の汗に滲んだ無口な後ろ姿を、子供たちはこちらが思っている以上に理解し、感謝してくれている……僕はそう信じています。ラスティニャックがゴリオ爺さんに対してそうであったように。

それでは。

 

 

#9 プレヴォー 『マノン・レスコー』 ~実ハ、イイ女~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

9回目は、18世紀フランスの長編小説です。(追記:後の第40回のおすすめ文学で『椿姫』を取り上げていますが、作中にこの『マノン・レスコー』が出てきます。併せて読んでみてください。)

 


マノン・レスコー (新潮文庫)

 

★     ★     ★

#9 プレヴォー 『マノン・レスコー』 ~実ハ、イイ女~

『マノン・レスコー』はフランスの作家アベ・プレヴォー(1697~1763)によって書かれた長編小説です。これまでは短編を中心に紹介してきたので、ぼちぼち長編も、と思った次第です。とはいえ、本作はフランス文学の膨大な長編群の中では相当短い部類に入るかと思います。例えばマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』を取り上げるなど、今の時点ではちょっと無理です。今はこれが精一杯(笑)。

出典:アベ・プレヴォー著/青柳瑞穂訳 『マノン・レスコー』 新潮文庫、平成四年63刷

 

★     ★     ★

この作品を読むとき、僕はある2つの日本文学作品を思い起こします。男が一人の美少女を偏愛し、翻弄され続けるところは谷崎潤一郎の『痴人の愛』。たとえ報われなくても身心をぼろぼろに痛めつけて他人に尽くすところは太宰治の『饗応夫人』――この2作と『マノン・レスコー』には、どことなく同じ匂いを感じるのです。

けれども、先の2作と比べて『マノン・レスコー』は全体的に軽快でコミカルな雰囲気が前面に出ています。主人公は学業優秀で世間知らずのボンボンである青年グリュウと、お金のためなら浮気も辞さない小悪魔ガールのマノン・レスコー。僕たちが見ているのは、そんな二人の若気の至りが繰り広げるはちゃめちゃな恋愛風景です。

「恋は富よりもはるかに強い。財宝よりも、富裕よりも、はるかに強い。しかし、恋はそれらの力を借りる必要がある。」

(p. 122)

そんな迷言を口にしながら、グリュウは金遣いの荒いマノンの心を自分につなぎとめておく必要から、短期間に大金を得るため詐欺や暴力の世界に関わってゆきます。

富の力を「借りる」という言い方をしているところなんか、まだまだ青いですよね(笑)。その純粋さ故に、堕ちてゆくスピードも人一倍のグリュウ。マノンはマノンで、金持ちの男どもをたぶらかすことに何の罪悪感も抱きません。

「彼女は悪気なしで罪を犯しているのだ、(・・・)軽薄で、向こうみずだけれど、いちずで、真正直な女である。」

(p. 171)

これはグリュウのマノンに対する評価ですが、グリュウ自身もやってることは大体一緒。要するにこの二人、実は似た者同士のカップルなんですよね。

グリュウは女に利用され続けているだけの気の毒な男……というわけでもないようです。マノンにしても、(お金の心配さえなければ)どうやらグリュウ以外の男を本気で愛する気配はこれっぽっちも無いようです。

周囲の人々を巻き込み、彼らの人生を散々にひっかきまわしてはいるものの、当の二人は台風の眼のごとくおだやかで揺るぎない愛の絆に守られていると言えるのかもしれません。

この関係性をある種の純愛の極致と見るならば、マノンは悪女から聖女に一変して読者の目に映るかもしれません。何というか、実に振り幅の大きな小説です。物語は後半に至ってさらなる展開を見せるのですが、ちょっとついていけない部分もあるかも……

結局のところ、僕にとってマノンは理想の女性像だったりします(笑)。でも現実にこんな女性はまずもって存在するはずもなく、あくまでも純粋に物語の中でのみ生きている彼女に惹かれるわけで、これもまたブンガクの醍醐味なのです。

『マノン・レスコー』、よろしければご一読ください。

それでは。