ブラックスター

天然石(パワーストーン)が昔から好きで、普段から身に着けたり、部屋のあちこちに置いて楽しんでます。

 

アメジスト たとえばこれ。定番のアメジスト(紫水晶)。

こういった原石タイプのものは、たぶん置物みたいにして飾るしかないと思いますが……

値段もそんなにしないので、用もなくついつい買ってしまいます。

ちなみに僕は ↓こんな感じで

アクセサリ置き

アクセサリなんかの置き台として使ってます。

アメジストの上にのせた指輪の、この黒い石もパワーストーンで、「ブラックスター」という名前です。

このブラックスター、光にかざすと白い十字が浮き出て見えます。これが結構お気に入りで、自分の小説(『felicidad』に収録の「ナトリウム灯のした」という短編)にも登場させたことがあります。

 

ブラックスターに十字が浮かぶ

←ちょっと儚い感じですが……

なんとなく、十字が浮かび上がりました。

天然石は他にもたくさんあるので、今後もご紹介していきますね。

 

佐渡のお酒

こんばんは。

まだ始まったばかりの「物書き」のブログですが、小説とはあんまり関係のない記事が多くなりそうな予感(追:2年経過しましたが、別にそうでもなかったですw)。

それはさておき、お正月に佐渡に帰省してきたのですが、買い出しに行ったスーパーで、↓こんなものを発見しました。

佐渡のお酒

左から、天領盃(てんりょうはい)・真野鶴(まのづる)・北雪(ほくせつ)・金鶴(きんつる)・真稜(しんりょう)

 

パッケージを開けると……

天領盃こんなふうに、カップ酒の詰め合わせセットだったというわけです。おそらく佐渡汽船ターミナルのお土産屋さんにも売っているのではないでしょうか。

ちなみにぼくの実家では、毎年この天領盃の一升瓶を買ってきて、みんなでわいわいやるわけです。

天領盃はすっきりと飲みやすくて、ぼくはかなり好きです。日本酒はちょっと、という方にも是非とも飲んでいただきたいです。

上記の詰め合わせセットはamazonでは見つかりませんでした(2015年現在)が、天領盃はありました。僕のふるさと、佐渡で作られたお酒です。よろしければお試しあれ。

 


天領盃 越淡麗 大吟醸 720ml [新潟県]

 

ではでは。