モヒート解禁

新潟のメキシコ料理店 「エル・ミラソル」 さんにて。

 

モヒート

キューバで生まれた、メキシコでも人気のカクテル 「モヒート(Mojito)」 が今年も夏メニューに登場です。

まずはそのまま、ライムの酸味を味わって、半分近くまで減ったらストローでミントをぐしぐし潰して存分に香りを楽しむのが僕は好きです。甘さもかなり控えめなのでお料理とも合うと思います。

さて、キューバが舞台の小説で真っ先に思い浮かぶのは、ヘミングウェイ『海流のなかの島々 (Islands in the Stream)』 です。


海流のなかの島々 上巻 (新潮文庫 ヘ 2-8)

 

ヘミングウェイの作品でもとりわけお酒やカクテルが頻繁に登場し、多くの登場人物たちによってガンガン飲まれます。飲まなくてはやってられない、大人の人生の悲哀と情熱をぐちゃまぜにしたような物語なのです。

主人公トマス・ハドソン(そしてヘミングウェイ自身)がこよなく愛するカクテルの一つが、フローズン・ダイキリ。作中ではだいたいダブルサイズ・砂糖抜きで飲まれています。

モヒートと同じく、キューバ発祥のラム・ベースのカクテルです。どちらも甘くないのが基本かと。お酒も人生も。

「良いシャンペンある?」

「あるが、実にうまい地元のカクテルがあってな」

「らしいわね。今日は何杯飲んでる?」

「分らん。十一、二杯かな」

〈沼澤洽治訳 『海流のなかの島々』 新潮文庫(平成19年34刷) 下巻 p. 130より〉

こんな会話を交わしながら、さりげなくモヒートを注文してみてはいかがでしょうか。飲み過ぎてお店に迷惑かけてはだめですよ。

以上、「実にうまい地元のカクテル」のご紹介でした。是非ともお試しあれ。

それでは。

 

 

クロズリー・デ・リラ ~パパのいた場所~ (2/2)

前回の続きです)

ぼ、Bonjour… 緊張しすぎて蚊の鳴くような声であいさつする僕を、面長で品のよい若いギャルソンが笑顔で迎えてくれました。

準備していたフランス語はまちがいなく通じていませんでしたが、いくら何でもあの大作家の名前は伝わったらしく、ヘミングウェイが座っていたというバーカウンターに案内してもらいました。

ヘミングウェイの指定席

ギャルソンの方に撮影OKか伺ったところ、快諾していただきました。フラッシュをたけばもう少し鮮明にご覧いただけたのかもしれませんが、この場所では、やめておこう。何故だか自分でそう決めてしまったのです。

注文したのは、カフェ・クレーム。この席ではバーボンをよく飲んでいたというヘミングウェイですが、執筆する際は、テーブル席でカフェ・クレームを頼んだそうです。

ヘミングウェイのプレート

「E. Hemingway」 と刻まれたプレートです。(1枚目の写真だと、カフェ・クレームの手前に見えるのがそうです)

こんなふうに、著名人が好んで座った席には、彼らの名を刻んだ真鍮のプレートが打ち付けてあるのです。ほの暗い室内でカフェ・クレームの湯気越しに眺める憧れの作家の名前は、僕の目に濃い光を投げかけて映りました。

今もなお、人々から「パパ」という愛称で親しまれるヘミングウェイ。物書きという立場からすれば、パパと呼ぶにはあまりに遠い存在です。でもいつの日か、僕なりにひとつの大仕事をやり遂げた暁には……またここに戻ってこよう。そう決意しました。

そのときは、バーボンを注文しようと思います。