#7 今昔物語集 『佐渡国人為風被吹寄不知島語』  ~住まうは鬼か、神か~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

回目。「今ハ昔、…」平安のいにしえの時より語り継がれる、佐渡ヶ島の伝説です。

 


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

 

★     ★     ★

#7 今昔物語集 『佐渡国人為風被吹寄不知島語』  ~住まうは鬼か、神か~

「今ハ昔」で始まることからその名が付いた『今昔物語集』は、三十一巻にわたり千以上の説話を収めた平安時代後期の書物です。今回ご紹介するのは、この壮大な説話集のラスト(巻第三十一)の十六番目に収録された、新潟県の佐渡ヶ島を舞台にしたお話です。

併せて、太宰治の短編「佐渡」についても少し触れていきたいと思います。


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

 

出典①: 『新編日本古典文学全集 今昔物語集4』 小学館(2002年第一版第一刷)

出典②: 太宰治 『きりぎりす』 新潮文庫(平成14年54刷)より 「佐渡」

 

★     ★     ★

佐渡は日蓮や世阿弥が流された場所としても有名です。今昔物語集に記された「佐渡国…(以下略)」の物語は、日蓮の島流しよりさらに150年ほど遡った平安末期に成立しています

「佐渡国人為風被吹寄不知島語」と書いて「佐渡の国の人風の為に知らぬ島に吹き寄せらるること」と読むタイトルの通り、佐渡に住む人々が沖に船を出したところ嵐に遭い、見たことのない謎の島に流れ着くという話です。そんな九死をのがれた佐渡人たちの前に、世にも奇怪な姿かたちの島民が現れます。

「見レバ、男ニモ非ズ童ニモ非ズ、頭ヲ白キ衣ヲ以テ結タリ、其ノ人ノ長極テ高カシ」

(① p. 535)

男でも子供でもなく、頭に白い布を巻いた、おそろしく背の高い人間たち。謎の島に住む、謎の民族です。頭に白い布を巻く、ってどんな感じなのでしょう。単純にハチマキのようにオデコに巻く物のような気もしますが、僕は何となく、顔全体を覆い隠すようにぐるぐる巻きにした、それこそミイラのような不気味な容貌をイメージしました。

性別不詳の、巨人のミイラたち。そんなものが島からわさわさ出てきたなら、佐渡人たちにとってさぞ恐ろしい光景だったでしょうね。

巨人のミイラ(と勝手に呼びます)たちは、佐渡人たちを陸に上げない代わりに、食糧を恵んでくれ、天候が回復するまで船の停泊を許可します。原文の簡潔なテクストからも、彼ら巨人のミイラの神秘的な雰囲気と、ただならぬ威厳のようなものが感じられます。

そんな彼らの発するオーラに気圧されてか、佐渡人たちの誰一人として彼らの言葉に逆らい密かに上陸を試みようとする者はありません。ここは現世か、あの世の入り口か。彼らは鬼か、はたまた神か。ただ一つ分かっていることは、

「其ノ島ハ他国ニハ非ザリケルニヤ、此ノ国ノ言ニテゾ有ケル」

(① p.536)

巨人のミイラたちの話す言葉は、佐渡人のそれと同じ――つまりここは(例えば中国や朝鮮などの)異国の大陸ではなく、確かに日本の島だということなのです。佐渡の北東には粟島という小さな島がありますが、佐渡から「北様ニ(北に)」向かって流されたということなので、方角が少し違います。

さわらぬカミに祟りなしの心境で、佐渡人たちは天候の回復と共に大人しく帰還します。以来、彼らの流れ着いた謎の島での出来事は島民たちの間に広まり、畏れをもって語り継がれてゆくのでした。

さて、この佐渡伝説の誕生から800余年の後、ある一人の作家が、佐渡にまつわる紀行文ともフィクションともつかない不思議な小品を遺しました。太宰治「佐渡」です。

「佐渡は、淋しいところだと聞いている。死ぬほど淋しいところだと聞いている。(・・・)私には天国よりも、地獄のほうが気にかかる。」

(② p. 168-169)

この描写からも、太宰は佐渡という場所について、ある種の神秘性――この世のものならぬ雰囲気を感じ取っていたことが窺えます。そして我らが太宰兄もまた、佐渡にまつわる奇妙な体験をするのです。「おけさ丸」に乗って佐渡に向かう途中、新潟を出港してから一時間ほどして、太宰は甲板に出て海を眺めます。そこで彼は、すぐ眼前に島を発見します。

もう佐渡に着いたのかと一瞬思いましたが、時間からしても夷(佐渡)港まではまだ半分も来ていません。こんなところに、どうして島が見えるのか。佐渡ではないとすると、この島は一体何なのか。他の船客が平然たる面持ちでいるなかで、太宰はひとり混乱します。

「この汽船の大勢の人たちの中で、私ひとりだけが知らない変な事実があるのだ。」

(② p. 173)

太宰もまた、先の今昔物語に描かれたような謎の島を見たのでしょうか。方角からして巨人のミイラの国とはまた違うようですが、見る者を惑わせる何かに遭遇したことは確かです。

ただし、この太宰のストーリーにはきわめて現実的なオチがあります。最初に太宰が目撃したのは他ならぬ佐渡の一部(「工」の字のかたちをした佐渡ヶ島の右下部分)で、その後船は内部の平野の港に到着した、ということなのです。

でも、やっぱり変です。当時太宰の乗った「おけさ丸(現在も同名の佐渡汽船が運航しています)」の新潟⇔佐渡間の所要時間は2時間45分でしたが、これは現在の佐渡汽船カーフェリーより少し遅いくらいで、さほど変わりません。

にもかかわらず、新潟を出港してから1時間程度のところで、太宰が描写したような島は――それが佐渡であろうとなかろうと――見えないと思うのです。太宰自身も、それを暗に匂わせるような描写をしています。

やはり太宰の目に映ったのは、ある種の神秘の島ではないでしょうか。芥川龍之介「羅生門」「芋粥」を今昔物語から取材したように、太宰も「巨人のミイラ」島伝説を念頭において「佐渡」を書き綴ったことは十分に考えられます(そういう文学研究は既になされているのかもしれません)。

ともかく、太宰の「佐渡」という作品は、単なる紀行文チックな小品にとどまらない、彼の創作した佐渡伝説と解釈することができるのです。

かくいう僕も、佐渡ヶ島で生まれ、幼少の数年間を佐渡の地に生きた人間です。これまで何十回と往復したことのある海の上で、見たこともないような島影がある日とつぜん見えることがあるかもしれません。

それならそれで、別に驚きゃしません。佐渡ヶ島というところ――そしてあの辺一帯の海は、今でも古き良き日本の「魔性」とでもいうべき独特のムードが色濃く漂っているのですから。

ぜひ、ご一読を。長文失礼いたしました。

 

 

 

#6 アンデルセン 『父さんのすることは、まちがいがない』 ~逆わらしべ長者~

 「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

回目。アンデルセンの童話から、成功哲学のヒントが見つかるかもしれません。(今回はストーリーの筋を最後まで追ってのご紹介です。あらかじめご了承ください。)

 


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

 

★     ★     ★

#6 アンデルセン 『父さんのすることは、まちがいがない』 ~逆わらしべ長者~

「人魚姫」「マッチ売りの少女」「雪の女王」などでおなじみの、ハンス・クリスチャン・アンデルセンH. C. Andersen, 1805~1875)。皆さんそれぞれ、アンデルセンの童話で大好きな1、2作があるのではないでしょうか。僕は子供の時は「みにくいアヒルの子」、大人になってからは「絵のない絵本」にハマりました。今回ご紹介する「父さんのすることは、まちがいがない」という作品、僕はつい最近まで全然知りませんでしたが、これが日本昔話のある有名なお話にかなり似ていたのです。

出典:大塚勇三 編・訳『人魚姫 アンデルセンの童話2』福音館文庫(2003年初版)

※前掲書でなくても多くのアンデルセン童話集に収録されていると思います。参考までに、岩波少年文庫(大畑末吉訳)のタイトルは「とうさんのすることはいつもよし」です。

 

★     ★     ★

「ワラシベ長者」って上で書いちゃってましたが、この「父さんのすること…(以下略)というアンデルセンの童話、僕たち日本人がよく知っている「わらしべ長者」の西洋版と言ってもいい程、よく似たお話なのです。

ただし、日本のわらしべ長者は、わらしべ一本から始まって最後は立派なお屋敷と田んぼを手に入れるという右肩上がりの成功物語なのに対して、「父さんのすること…」は、終盤まではずっと右肩下がり、どんどん落ちぶれていきます。

そんな父さんのすることの、どこがまちがいでないのか。お話の筋をざっと辿ってみたいと思います。

ある田舎に、わらぶき屋根の古い家に暮らす百姓夫婦がいました。貧しく持ち物の少ない夫婦でしたが、彼らは「馬」を持っていました。自分たちで使うこともあれば、近所の人に貸してお礼を貰うこともありました。しかしある日、夫婦は何を思ったか、その馬を「自分たちにもっと役に立つなにかと取りかえるほうが、きっとぐあいがいいだろう」 (p. 58) と考えたのです。

妻(おかみさん)の提案で、夫(父さん)は、馬をお金か別の物と交換するため市場に出かけます。ここから「わらしべ長者」と同じ、物々交換のシナリオが始まります。

わらしべ一本が元手の日本の若者に比べれば、馬一頭からスタートするデンマークのお父さんは相当有利なはず。本人もやる気満々らしく、市場までの道すがら出会った人々とも積極的に物々交換を繰り広げます。

けれどもこのお父さん、愛想は良くても投資のセンスは絶無と見え、「馬」→「牝牛」→「羊」→「ガチョウ」→「メンドリ」…何だかどんどん資本が小さくなってきて、挙句の果ては袋いっぱいの「腐ったリンゴ」だけを手にし、居酒屋に入ってしまいます。

腐ったリンゴという負債を抱えたお父さんは、居酒屋にいたお金持ちのイギリス人の紳士たちに「あんた、帰ったらかあちゃんに怒られるぞ~」と散々からかわれます。ところがお父さんは平然と、うちのかみさんは「父さんのすることに、まちがいはない」って褒めてくれますよ、と言います。

そこで賭けが始まります。もしも本当にお父さんがおかみさんに怒られなければ、イギリス人は大升いっぱいの金貨を支払うと約束してくれたのです。

家で夫を迎えたおかみさんは、馬、牝牛、羊…と右肩下がりの情けない報告を聞くたびに、「すてきな考え!」「うまい取りかえっこ!」などとベタ褒めし、とにかく前向きな意見でひたすら夫を立てるのです。これを見たイギリス人、いたく感動します。

「ものごとは、いつも下り坂でさがっていくのに、いつも、うれしがっているとは! これは、たしかに、お金をはらう値うちがあるよ!」

(p. 69)

悲しいことや辛いこと――「下り坂」のご時世、常に苦難や逆境に立ち向かって生きる人間にとっては、日本のわらしべ長者のような夢物語よりも、デンマークの百姓夫婦のポジティブ思考を見習うほうが現実的ではありますよね。

もちろん、夢みたいな「夢」すらウットリ見ることの叶わない現実そのものは、やはり悲しむべきことだとは思うのですが。

何はともあれ、自分たちの下り坂の人生をとことん肯定した結果として、百姓夫婦はイギリス人から金貨をどっさり受け取ります。わらしべ長者と同じくハッピー・エンドとなったわけですが、貰った金貨を夫婦がどう使ったのかということについては一切触れずに物語は終わります。

立派なお屋敷を買ったのか、大きな畑を買ったのか、そういう後日談にアンデルセンは興味がなかったわけではないと思うのです。むしろこのお話の続きを、僕たち読者に自由に考えてみてほしい、そんなメッセージが込められているのではないかとも思うのです。

僕ならこの百姓夫婦に、手に入れた金貨でもう一度「馬」を買い戻させます。この馬は、貧乏だった時の彼らにとっても生活必需品ではなかった唯一の物であり、なおかつ近所の人たち(他人)の役に立っていた物です。

わずかな余裕でも、自分たちのためだけでなく、人のために使う。その気持ちを忘れなければ、いつか巡り巡ってさらに大きな形で見返りとして戻ってくるのかもしれません。

皆さんなら、この夫婦にどんな結末を思い描きますか?