モヒート解禁!

新潟のメキシコ料理店 「エル・ミラソル」 さんにて。

モヒート

キューバで生まれた、メキシコでも人気のカクテル 「モヒート(Mojito)」 が今年も夏メニューに登場です。

まずはそのまま、ライムの酸味を味わって、半分近くまで減ったらストローでミントをぐしぐし潰して存分に香りを楽しむのが僕は好きです。甘さもかなり控えめなのでお料理とも合うと思いますよ。

さて、キューバが舞台の小説で真っ先に思い浮かぶのは、ヘミングウェイ『海流のなかの島々 (Islands in the Stream)』 です。


海流のなかの島々 上巻 (新潮文庫 ヘ 2-8)

ヘミングウェイの作品でもとりわけお酒やカクテルが頻繁に登場し、多くの登場人物たちによってガンガン飲まれます。飲まなくてはやってられない、大人の人生の悲哀と情熱をぐちゃまぜにしたような物語なのです。

主人公トマス・ハドソン(そしてヘミングウェイ自身)がこよなく愛するカクテルの一つが、フローズン・ダイキリ。作中ではだいたいダブルサイズ・砂糖抜きで飲まれています。

モヒートと同じく、キューバ発祥のラム・ベースのカクテルです。どちらも甘くないのが基本かと。お酒も人生も。

「良いシャンペンある?」

「あるが、実にうまい地元のカクテルがあってな」

「らしいわね。今日は何杯飲んでる?」

「分らん。十一、二杯かな」

〈沼澤洽治訳 『海流のなかの島々』 新潮文庫(平成19年34刷) 下巻 p. 130より〉

こんな会話を交わしながら、さりげなくモヒートを注文してみてはいかがでしょうか。飲み過ぎてお店に迷惑かけてはだめですよ(笑)。

以上、「実にうまい地元のカクテル」のご紹介でした。是非ともお試しあれ。

 

珍客、おもてなしを受ける。

毎度おなじみ新潟のメキシコ料理屋さん、エル・ミラソルにおじゃましました。

エンチラーダス(チキン)今回はチキンのエンチラーダス(トルティージャにほろほろ食感のチキンを挟んだものに、ちょい辛ソースをたっぷりからめたお料理)です。定番のメキシカンライスとインゲン豆のペーストつき。

白黒もお食事

「ボクたちも食べた~い!」 ということで、お店のご主人が用意してくれました。黒君がかぶせてもらった帽子はソンブレロかな? ビールはもちろんコロナ。

そこの酒気帯びの黒いの↓ いつまでも歌ってないで早く食べなさい。

いつまでもカメラ目線

デザートまでいただいて…本当にすいません(^ ^;)

食後のデザート

ご主人、優しすぎ。ていうか用意が良すぎ(笑)

ほっと温まるひと時でした。