上野歩さんの『探偵太宰治』

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』が公開されました。僕も近々観に行く予定です。

さて、太宰治を描いた作品はこれまでにも数多く発表されていますが、よい機会なのでひとつご紹介したい作品があります。最新の映画と併せて、是非ともチェックしていただければと思います。

 


探偵太宰治 (文芸社文庫NEO)

 

『探偵太宰治』。2017年に発表された書き下ろしの長編小説で、著者は上野歩さん。ちなみに、僕の短編小説集の書評を書いてくださった方です。

主人公の津島修治(太宰治)が探偵となって事件の謎を解く話で、小山初代、檀一雄、井伏鱒二など実在の人物が数多く登場する、伝記的な要素とフィクションの要素が織り交ぜられている作品です。

子どもの時から人一倍感受性の強かった修治が、現実とあの世の境目である「あわいの館」を訪れるという不思議な能力(というか体質)に目覚め、そのことをきっかけにさまざまな怪事件に関わっていきます。

作中では、最初の妻初代との東京での生活、親友である檀一雄との関係などが伝記的事実に基づいて鮮やかに描かれていて、太宰ファンの心をくすぐるトリビアがいくつも散りばめられています(鮭缶に味の素を大量に振りかける太宰とか…)。

文士として身を立て、故郷の家族や妻に一人前と認められたいと願う20代の男の等身大のプライドと苦悩が率直に描かれています。僕も太宰という人は、実は潔癖なほど真面目な生活人で、意外と亭主関白な男だと思っていたので、この作品に描かれる太宰像が妙にリアルに、そして改めて身近に感じました。

太宰治にあまり詳しくない方などは、どこまでがフィクションでどこまでが事実か分からなくなるかもしれません(これって、実は太宰作品の本質でもあります)。それくらい綿密に取材され、太宰のエッセンスをさりげなく、かつ余すところなく再現しているのです。

もちろん、探偵としての太宰が遭遇した出来事などはフィクションです。檀一雄は助手のワトソン君といったところでしょうか(笑)。架空の探偵物語としても楽しめ、太宰の伝記としても読みやすく勉強になる、まさに一挙両得の一冊です。

新作映画の公開もあり、太宰ブームが再燃しそうなこの時期、読んでみてはいかがでしょうか。

それでは。

 

 

戻りました。

二か月以上もごぶさたしてしまいました。

生活のための仕事とはいえ、こんなに長いこと物書きの世界を留守にしてしまっては、のこのこと姿をさらすのもさすがに気が引けます。

いつも僕をあたたかく見守ってくれた小説の神様も、今回ばかりはオカンムリと見え、てめえ、どの面さげて戻ってきやがった、なんていつになく口調も荒々しい。言い訳もそこそこに、これからは性根を入れ替えて精進いたしますから、どうかもう一度、私を小説の世界に戻らせてください。平身低頭、ゆるしを請うも、虫のいいこと言うんじゃないよ、今度ばかりはたっぷりとお灸を据えてやるから覚悟しやがれ。どこから持ち出したのか、六尺棒なんて物騒なモノをぶん回して追いかけてきた。その鬼のような形相に、神様の威厳も何もあったもんじゃなく、逃げ回っているこっちが気の毒になってきた。いつの世も、我が子を改心させようと思ったら、ここまでやるのが親心。お後がよろしいようで……

落語っぽく書いてみました(笑)。

モチーフは「六尺棒」という古典落語で、夜遅くに酔って帰った道楽息子に怒り心頭の父親が、六尺棒を持って我が子を追いかけまわすという話。以下のダイジェスト本に面白い話がたくさんあります。


滑稽・人情・艶笑・怪談…… 古典落語100席 (PHP文庫)

 

ようやく、創作活動を再開できそうです。ブランクが長すぎて変な文章しか書けませんでしたが、少しずつ慣らしていきたいと思います。皆さま、どうか引き続きよろしくお願いいたします。

それでは。