#49 ロスタン 『シラノ・ド・ベルジュラック』 ~鼻ハ花ヨリ尊シ~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

第49回目。思いを寄せる相手のために、人はどれだけ己を犠牲にできるか。相思相愛の仲であれば、相手のために尽くすことなど、いとも容易い。いつの世だって、片思いに苦しむ人たちこそが本当の愛を知る。おじさんが語っても伝わらなければ、この作品を読んでいただくしかありますまい。

 


シラノ・ド・ベルジュラック (岩波文庫)

 

★     ★     ★

#49 ロスタン 『シラノ・ド・ベルジュラック』 ~鼻ハ花ヨリ尊シ~

最近だと2018年にも日本で上演された舞台作品『シラノ・ド・ベルジュラック』は、19世紀末のフランスで生まれた悲喜劇です。文武両道だがその容姿において鼻が大きいことがコンプレックスの男が、ひそかに思いを寄せる女性のために、彼女の恋する美男との仲を取り持つキューピッド役に “命をかけて” 徹する物語。報われない恋に生きるすべての人たちの永遠のバイブルといっても過言ではありません。

出典:エドモン・ロスタン作/辰野隆・鈴木信太郎訳 『シラノ・ド・ベルジュラック』 岩波文庫, 2012年, 第74刷

 

★     ★     ★

学問の造詣深く、詩や音楽の才能に恵まれ、剣の腕もめっぽう立つ主人公シラノは、人一倍大きい鼻の持ち主。そのコンプレックスを隠すような彼の豪胆で無鉄砲な性格は、人々を楽しませ魅了する一方で、絶えず多くの敵を作ってしまいます。

コンプレックスが人生の大きな原動力になるというのはありますよね。シラノもまた、大きな鼻ゆえに画竜点睛を欠く生来の才人というよりは、むしろその生まれつきの悩みをバネにして多方面のスキルを開花させた努力の人のような気がします。

「万事万端、人にやんやと言わせることにきめた (p.66)と言って強がる彼ですが、やはり唯一のコンプレックスである鼻に関しては、どうしても吹っ切れない様子。こと恋愛となると、誰よりも奥手になってしまうのです。

俺が誰に恋するって?(・・・)何処へ行ったって、御本尊より十五分も前に届いているこの鼻じゃあなあ。

(p.67)

そんな彼が恋するのは、周囲の男たちをして「優美」「粋中の粋」と言わしめる美女ロクサアヌ。彼女はシラノの従妹なのですが、彼にとっては高嶺の花に変わりはなく、思いを打ち明けることもできないまま、あろうことか彼の所属する青年隊の新米部下クリスチャンから、ロクサアヌとの仲立ちを頼まれてしまうのです。

このクリスチャンという若者、容姿こそロクサアヌとお似合いの美男ですが、女性を口説くための詩的な話術などにはまったく疎い野暮天(よく言えば純朴な好青年)。決して悪い男ではないのですが、「中身」の奥深さではシラノに格段に劣るわけです。

ロクサアヌはロクサアヌで、クリスチャンと一目視線を交わしただけで彼に恋する始末。若者の恋愛のなんと浅墓なことかと失笑を禁じ得ませんが(笑)、それでもシラノはロクサアヌの恋の成就のために、自分の気持ちは押し殺して恋のキューピッド役を引き受けるのです。「華々しい弁舌が欲しい (p.133)と悩むクリスチャンに、シラノはこう請け合います。

俺が貸してやろう! 君は、心を惑わす美しい肉体を貸してくれ。そして二人一緒に、小説の主人公になろうじゃないか!

(p.133-4)

何だか、今どきの「なりすまし」恋愛みたいに思われるかもしれませんが、我らがシラノに他意などありません。クリスチャンのためにラブレターを代筆し、口説きの話術を惜しみなく伝授する――嘘で塗り固めた茶番劇のお膳立てにシラノは徹し、やがてクリスチャンはロクサアヌと結ばれるのです。

その後まもなくして、シラノとクリスチャンの所属する隊は戦場に赴くのですが、そこでもシラノの献身は続きます。隊が兵糧攻めに遭い疲弊している中、ひとり夜明け前に敵陣の包囲をかいくぐって、クリスチャンの名でロクサアヌに宛てた手紙を毎日投函しに出かけるのです。

この手紙の事実を知ったクリスチャンは、ロクサアヌに本当に愛されるべき人間は誰かということをようやく理解します。いっそ思いを打ち明けてしまえと説得するクリスチャンに対して、シラノはこう言い放ちます。

俺の面(つら)を見ろ!

(p.248)

明日死ぬかもしれないという状況で、容姿のコンプレックスなど既に問題ではないはず。ロクサアヌへの想いを打ち明けようと思えばできたはずなのに、若い美男美女の幸せを壊すまいと、かたくなに拒むシラノ。その覚悟は、クリスチャンが被弾し命を落としたその後までも、ずっと続くのです。……

シラノの秘めたる思いを、ロクサアヌはいつか知るときが来るのでしょうか。報われない恋は、本当に最後まで報われないものなのでしょうか。その答えは戦争から15年後の、物語のクライマックスにて語られますので、みなさん是非とも読んでみてください。

恋愛に限らずとも、「片思い」のような状況に身を置き人知れず苦しむことが、僕たちの人生には多々あります。あのシラノだって、親友の前で本心を打ち明けながら涙をこらえる場面がありました。

泣くものか!(・・・)俺が身の程を忘れぬ限りは、涙の神々しい美しさを、こんな卑しい醜い鼻で汚させるものか! ……ねえおい、涙より気高いものは無いのだ、無いのだぜ。この俺のために一滴の涙でも他人の笑草になって、嘲けられるなんて、そんな事をさせて堪るものか!……

(p.69-70)

安い同情をさそうような自虐的なものの言い方ではなく、己の苦悩に対する凛としたプライド、そして避けられぬ運命に対する詩的な礼節を、一見「芝居じみた」この台詞から、僕はひしひしと感じます。

……どうせ弱音を吐くなら、これくらいの心意気を見せてやろうぜ。

どんなに辛く、苦しいときも。

それでは、今回はこれにて。

 

#48 コリンズ 『グレンウィズ館の女主人』 ~悲シミト、慈シミノ番人~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

第48回目。ウィルキー・コリンズの短編の中で僕がいちばん好きな作品をご紹介します。ちなみに今年初の投稿です。新年のごあいさつが遅れたことをお詫び申し上げようにも、遅すぎるが故に言わぬが花の、すばらしい1年のスタートです(笑)。でも、どうせ時間に置き去りにされるなら、とことん置き去りにされていたい。過去に留まる人間だけが語れる「今」を、2019年も貫きたいと思います。

 


夢の女・恐怖のベッド―他六篇 (岩波文庫)

 

★     ★     ★

#48 コリンズ 『グレンウィズ館の女主人』 ~悲シミト、慈シミノ番人~

イギリス推理小説の元祖とも言われるウィルキー・コリンズWilkie Collins, 1824-89)ですが、彼の作品のいちばんの魅力は、ヒューマニティあふれる人物描写にあります。作中にいくつかの謎をちりばめ、物語の進展とともに伏線を回収するという現代にも通ずるミステリーの要素は、はかなくも美しい古の人間ドラマの味わいを引き立てる小道具でしかない…そう思います。

出典:ウィルキー・コリンズ作/中島賢二訳 『夢の女・恐怖のベッド 他六篇』 岩波文庫, 2006年第3刷

 

★     ★     ★

舞台はイギリスの片田舎。農村のはずれに、蔦におおわれた古い屋敷が建っています。「グレンウィズ館」とよばれるその屋敷のあるじの名は、ミス・ウェリン。慈悲深い人柄で近隣の小作人たちにも慕われている彼女ですが、深い悲しみの過去を背負い、時代の流れに心を閉ざしたまま、館の中でひっそりと日々を過ごしているのです。

ミス・ウェリンの屋敷を訪ねることを許されている数少ない人たちは、彼女の心と同様に時の止まったままの部屋の内部を目にします。書棚には流行りの本は一冊も置かれておらず、壁を飾る絵画も、楽譜台の楽譜も、みんな昔のものばかりです。

つまり、これらの物の所有者は、過去の中にのみ生きている、過去の記憶、過去を連想させるものの中にのみ生きている、そして、現在と関連のある全てのものからは、自らの意思で身を引いて生きている(・・・)。

(p.91)

そんな謎めいた女主人の過去を、僕たち読者に愛情を込めて語ってくれるのは、彼女の古くからの友人ガースウェイト氏。物語は、ミス・ウェリンがアイダという少女の名で知られていた頃にまでさかのぼります。

感受性豊かで物静かな性質のアイダは、一緒に遊ぶ友だちやきょうだいもおらず、最愛の母親を唯一の友として十一歳まで過ごしてきました。しかしその年、母親は二人目の娘ロザモンドを授かると、そのわずか二、三か月の後にこの世を去ってしまうのです。

たった一人の心の支えであった母親の死に直面し、その悲しみとともに彼女の意思を継いだアイダは、自らの早すぎる青春をも捨て去り、幼い妹ロザモンドの母親代わりとして生きてゆく道を選びます。ガースウェイト氏は、その頃のアイダを次のように回想しています。

少女は自分の前に赤ん坊を支えて立たせていました。歩く練習をさせようとしていたのです。子供の私にも、そのような仕事を引き受けるには、彼女自身がまだ小さすぎるように見えました。それに、彼女の着ている黒い子供服が、彼女のような小さな子供には、不自然なほど重々しい服のように見えました。

(p.100)

アイダとて、年頃になれば自身の花の盛りを謳歌したかったはず。けれども彼女は持ちかけられた縁談をすべて断り、妹のロザモンドを教養豊かなレディに育て上げるため母親の役割に徹し続けたのです。アイダが一人の女性として胸に秘めていたであろう、おそらく彼女自身も忘れかけていた寂しさ――そのもっとも身近な共感者であるべきロザモンドは、まだ若く、そして守られる者ゆえに無知でした。

かくしてアイダの自己犠牲的な努力は実を結び、ロザモンドはロンドンのみならずパリの社交界にもデビューし、やがてフランヴァル男爵というフランス人貴族と出会います。男爵は若くして故郷のノルマンディーを出たのち、15年の歳月を経て財を成し凱旋帰国したという、社交界がこぞって注目する人物でした。

ロザモンドにとってこの上ない相手と思われたフランヴァル男爵。しかし、彼の非の打ちどころのない紳士然たる物腰に皆が称賛の意を表する中で、語り手のガースウェイトとアイダだけは、男爵に何やら得体の知れない不穏なものを感じ取っていました。

彼はどんな些細なことを口にする場合でも、心に何かを隠している人物という印象を私に与えました。(・・・)私がアイダに、彼に対する私の印象を打ち明け、彼女にも率直なところを言ってみてほしいと迫ったとき、彼女も、そんな私の気持ちを認めるようなことを言ってくれたと記憶しています。

(p.111)

二人の心配をよそに、ロザモンドはフランヴァル男爵と結婚します。花嫁の希望もあり、母親代わりの姉アイダも夫婦とともに館で暮らすことになりました。そんな中、男爵の度重なる不振な行動、そして彼の正体が、少しずつ明るみに出てくるのです。

しかしロザモンドは、今や出産を間近に控えている。アイダは妹の夫への疑念を何度頭から振り払おうと思ったことでしょう。しかしその不安は、その後の彼女自身の悲しみに満ちた運命を決定づける形で、不幸にも的中するのでした。その悲劇の全容は、皆さんどうか作品を読んで確かめてください。

悲劇から十年後の現在、アイダはある「幼い少女」の面倒を見ながら、グレンウィズ館の女主人として一人寂しく暮らしています――今はもうアイダではなく、僕たち読者の記憶に永遠に刻まれるところのミス・ウェリンとして――おそらくは死が彼女を憩わせるその日まで、過去に置き去りにされた「今」という時を、ひっそりと生き続けてゆくのでしょう。

……けれども、悲しみに暮れ孤独に生きているどんな人間にも、心ひとつでそっと寄り添い、陰ながら見守り続けてくれる者はきっといるはずです。語り手のガースウェイト氏が物語の最中に思わずこぼした率直な台詞が、僕にはとても印象に残っています。最後にその台詞を引用して、今回はおしまいにします。

私はアイダがとても好きでした。たぶん、今思う以上に本気で好きだったんだと思います。でも、そんなことはどうでもよろしい。

(p.108)

 

それでは、また。