昔の自分の文章にツッコミを入れる

ヘルマン・ヘッセ「幸福」という詩が好きでした。

好きというか、最初の2行を読むだけで、「幸せってなんだろう」という永遠のテーマに、あっさり答えてくれているのです。

 


(Amazon: 高橋健二訳 『ヘッセ詩集』 新潮文庫)

 

幸福を追いかけている間は、

お前は幸福であり得るだけに成熟していない

(当方蔵書: 昭和63年77刷, p.64)

 

これだけ読めば、もはやあらゆる自己啓発書は御役御免かもしれません。

たしか、これを学生時代に読んだ影響だと思うのですが、当時の僕がしたためていた謎メモの残骸から、こんな文章を見つけました↓(原文ママ)。

どうしたら今よりもっと幸せになるかを考えるのではなく、

今がどれだけ幸せだと実感できるかに集中して、それを毎日繰り返す。

するともっと幸せになりたい雑念が日常から消える。

 

メモとはいえ、詩的情緒に欠けていて、ぎこちない文章です。

「集中」って、「繰り返す」って、言葉選びが柄にもない体育会系です。脳の筋肉の部分で哲学していた模様。こんな時代が、お前にもあったのだね。

ヘッセの詩を自分なりに解釈して、それを実践しようとしていた。その目の付けどころだけは、過去の自分を少しだけ褒めてやりたくなりました。

その成果としての今の自分はどうなのかと言うと、日常の些細なことで感動したり、異様に涙もろくなりました。人間としての成熟ではなく、心身疲弊や涙腺老化といった、おじさんの生物学的不可逆変化と言えましょう。

今思えば、ヘッセの詩から刺激を受けたのではなく、安堵していたのです。

どだい自分にとっての幸福とは、既存のそれを愛でるものでこそあれ、「追いかける」ということをほとんどしてこなかった半生でした。何事にも阿呆なくらい執着がないのを、ささやかな誇りにさえしている始末。

幸せを追いかけていないからといって、投げやりになっているわけでもなく、あるいはすべてが満たされているという強烈な実感があるわけでもなく、要するに、本当に何も考えていないのです。

その何も考えていない状態を幸福と呼んでもいいのかしら、という疑問に、別にいいんじゃね? とヘッセの詩が答えてくれたのかもしれません。

細々と物を書き続けるということ以外、そもそも生きる目標がない人間ですから、あれをやりたい、これもやりたいと何かを追いかけ続ける多動の人生を、ついぞ経験しないまま終わりそうです。

そんな僕ですが、少しずつ「準備」を進めております。万事問題なく運び、ご報告できるとよいなと思っています。

恥ずかしいメモは、恥ずかしいので処分しました。

それでは。

 

 

ミュージシャンの内田太一郎くんをご紹介します。

友人でミュージシャンの内田太一郎くんをご紹介します。学生時代からの古い友人で、一緒にバンドを組んでいた時期もありました。

当時、内田くんは主にボーカルやベーシストとして活動していました。その時からオリジナル曲もたくさん作っていて、自作のCDをよく聴かせてもらいました。

社会人になってからも、彼はミュージシャンを、僕は物書きを目指し切磋琢磨してきました。

そんな中、先に結果を出したのは内田くんで、2011年にファーストミニアルバム「雨・風・花」を発売し、インディーズデビューを果たしました(↓参照:Amazonの商品ページリンク)。

 


※現在、アルバムは再入荷の予定がなく購入はできないようです(2022年9月時点)。

 

その後、表立った作品発表は僕が知る限りなかったようですが、2021年よりダウンロード配信形式でインストの新作を複数曲リリースし、精力的に音楽活動を続けています。

↓Amazon Music「内田太一郎」デジタルミュージック検索結果一覧
https://amzn.to/3edgdBC

 

楽曲はパソコンで制作していて、ジャンルは主にクラシックを手掛けていますが、内田くんの音楽は、流行り廃りとは一線を画する彼自身の色がブレずに打ち出されていて、どことなくノスタルジックな雰囲気があるのも特徴です。

彼の最近の楽曲は、下記のYouTubeチャンネル(トピック)より、よろしければ聴いてみてください。気に入っていただけたら、是非とも楽曲を購入して、彼の音楽活動を応援していただけると嬉しいです。

YouTubeチャンネル「内田太一郎 – トピック」
https://www.youtube.com/channel/UCg0LRNhOW3kJQUJkJT2fOWg

 

また最近では、彼はPole Star名義でも音楽活動を行っています。こちらのチャンネルも、今後コンテンツが増えてくるのではないかと思いますので、よろしければ併せてチェックしてみてください。

YouTubeチャンネル「Pole Star」
https://www.youtube.com/user/zxcvbnmqwertyuiop0

 

彼の音楽が一人でも多くの方に届くことを願っています。

それでは。