英検を受けてきました。

新型コロナウイルスの影響で延期になっていたのですが、先週末、英検の一次試験を受けてきました。会場の感染対策は徹底されていて、安心して受験できました。ちなみに受験級は1級です。朝が弱いので午後開始の級で助かった(笑)。

副業で英語関係の仕事をしているので、昔取った準1級だけではクライアントに示しがつかぬと自分なりに責任を感じ、ここ半年ほど1級の勉強を続けていました。もちろん本業の執筆活動も少しずつ進めています。が、片手間にやるほど1級の勉強は簡単ではなかったです。今の僕では五分五分という感じですね。

そんな危うい状況でパスできたかどうか悩んでも仕方がないので、今は仕事の方に頭を切り替えています。ただ、英語には日々何らかの形で触れていないと落ち着かないので、昨日はちょっと頭安めにこんな本を読み返しました。

 


Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)

 

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」という英語学習書があるのですが、そのストーリー版のシリーズ1作目です。脱サラして夢だったパイ職人になった若者と、太っちょ猫のでこぼこコンビが繰り広げるハートウォーミングな物語。猫好きでフリーランスの僕は理屈抜きで大好きです。

この本、英語学習の入門書としておすすめで、教科書や一般的な参考書で目にするお決まりの堅苦しい文法用語を敢えて使わず、平易な日常表現だけで英文の基礎を解説してくれています。言語そのもののエッセンシャルな感覚を再確認する意味でも、何度読んでも楽しめます。

こういう本を読むと、英検1級のマニアックな単語や長文ばかり読んでいてガチガチになっていた頭が少しほぐれた感じがして、英語の素朴な楽しさを思い出すことができます。そして何より、僕にとっては「物語」の素晴らしさも。

今日から二次試験の準備も始めておこうと思います。今回ダメでもいずれはまた受けるのだから(何度でも)。

それでは。