太陽が眩しいから

瞬く間に梅雨が明け、夏の暑い日々がいち早く訪れたようです。

テクノロジーが新しい生活様式を次々と提唱し、人々がそれをスタンダードとして受け容れることを繰り返す。そのペースの速さに慣れてしまうと同時に、ある種の無力感も募る。昨日今日の出来事を受けて、ふとそう思いました。

さて、夏のよく晴れた午後は、何というか、1年の中で唯一、「季節が呼吸をしていない」のを感じることがあります。

空は突き抜けるように青いのに、まるで生気がなく、炎天には生き物の声も途切れ、湿った空気が地上に沈着している。太陽がぎらぎらと照りつけるのをなす術もなく見上げ、ちっぽけな自分を強烈に自覚する。光あふれる失望。不条理です。

アルベール・カミュの『異邦人』。こんな季節に、私は読みたい。

それでは、水分と塩分の適切な補給を、どうかお忘れなく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)