シャミッソーの『影をなくした男』を読んでいます。

この前、古本屋さんで何気なく手に取った一冊の岩波文庫。

 


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

 

シャミッソー(Adelbert von Chamisso, 1781-1838)という人の書いた、『影をなくした男』という物語を、今ちょうど読み始めたところです。

まだ最初の方しか読んでいませんが、面白そうですよ。

物語の序盤、灰色の服をまとった奇妙な老紳士が出てきて、ポケットからいろんな道具を次々と出しております。本人いわく、「どんな錠前でも即座にあけられる魔法の鍵」とか、「ひろげるだけで食べたい料理が手に入るナプキン」とか、不思議な道具が不思議なポッケにたくさんつまっているようです(笑)。

――ドラえもんの源流の一つ、ここにあり? 検索してみると、やっぱり何人もの方が指摘していました。「どんな錠前でも即座にあけられる魔法の鍵」は、さしずめ「通りぬけフープ」といったところでしょうか。

しかし今から200年前のヨーロッパでこんな小説が書かれていたんですね、全然知りませんでした。

主人公の若者は、自分の「影」と引き換えに、例の老紳士から「幸運の金袋」という不思議な道具を手に入れるのですが、どうやらこれから、この若者の運命が大いに狂いはじめるみたいです。

「影」というのは、何かの比喩なのでしょうか。その辺はまだ何とも言えませんが、これからまたちょっと続きを読んでみようと思います。

↓出典はこちらでした。ご興味のある方は読んでみてくださいね。それでは。

(シャミッソー 作/池内紀 訳『影をなくした男』岩波文庫, 1993年第20刷)

 

 

キーツの「聖アグネス祭前夜」を読んでみました。

先月まで新潟で開催されていたラファエル前派展では、ダニエル・マクリースの≪祈りの後のマデライン≫という素敵な絵との出会いがありました。

今回はその絵の題材となった、イギリスの詩人ジョン・キーツ(John Keats, 1795~1821)の聖アグネス祭前夜 (The Eve of St. Agnes)という物語詩を読んでみた感想など、書いておこうと思います。

(参考・出典:出口保夫訳 『キーツ全詩集 第二巻』 白凰社, 1974年第一刷, 「聖アグネスの前夜」より)

「アグネス」とは、四世紀初頭のローマにて殉教したキリスト教徒の少女の名です。詳しくは諸説あるようですが、ローマの長官(異教徒)の息子との結婚を拒んだことで恨みを買い処刑された少女アグネスの信仰心と純潔をたたえ、1月21日を「聖アグネス」の祝日と定めたというものです。

その祝日のイヴである1月20日の夜、少女が祈りをささげて眠りにつくと、夢の中で未来の夫に出逢えるという伝承があります。キーツの詩では、そのイヴの夜に祈りをささげる少女マデラインが登場します。

 

「(……)彼女の夕べの祈りは終わり、

飾りの輪の真珠を 髪からすべてはずし、

温められた宝石を ひとつずつ取りはずす。」

(前掲書 p. 120)

 

まさにこの場面(第26節の前半部分)が、マクリースの≪祈りの後のマデライン≫で描かれているところです。

亜麻色の長い巻き毛にからみついた真珠の珠飾りを、どこかもの憂げな表情でほどいてゆく絵の中のマデライン嬢の姿は、キーツの詩の雰囲気にぴたりと一致します。「温められた宝石」というキーツの表現、おくゆかしいエロティシズムを感じてしまいます。。。

「聖アグネス祭前夜」は、マデラインと彼女の恋人ポーフィローの恋物語です。互いに反目する両家、許されぬ恋に胸を焦がす若い二人といった設定に、『ロミオとジュリエット』を連想する方も多いと思います。両作品を比べて読んでみるのもおもしろいでしょうね。

 


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

 

作品を読むにあたって注目したのが、禁断の恋にはある意味つきものの、「陰の協力者」です。『ロミオとジュリエット』にもいますよね――ネタバレは控えますが、僕は「聖アグネス祭前夜」に登場する「陰の協力者」の存在と、その人物の迎える結末が強く印象に残っています。

さて、そろそろくたびれてきたので今回はこれで失礼いたします。以下に研究社出版の商品リンクを載せておきますので、よろしければ読んでみてくださいね。

 


(↑画像からAmazonの商品ページに移動します)

 

それでは。