#24 フィッツジェラルド 『バーニスの断髪宣言』 ~流行ニ巻キ込マレテ~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

24回目。この夏に世を賑わせた某位置ゲーなどもそうですが、単なる遊びにしても社会的な影響力が大きいと、一個人としてのほほんと無関心でいるのって案外むずかしい……などと、今回ご紹介する100年前の小説を読んでいても、同じようなことを思ったりします。

 


ジャズ・エイジの物語―フィッツジェラルド作品集1 (1981年)

 

★     ★     ★

#24 フィッツジェラルド 『バーニスの断髪宣言』 ~流行ニ巻キ込マレテ~

ヘミングウェイと並び「失われた世代」を代表するアメリカ人作家、フィッツジェラルドF. Scott Fitzgerald, 1896-1940)。彼の代表作『グレート・ギャッツビー』をはじめ、華やかさの中にも破滅的な雰囲気を感じさせる作品をイメージされる方も多いと思います。

今回ご紹介するフィッツジェラルド初期の短編「バーニスの断髪宣言Bernice Bobs Her Hair, 1920は、第一次大戦後の好景気を迎えたアメリカの1920年代(いわゆるジャズ・エイジ)を生きた若者たちの、イケイケでちょっとおバカな日常を描いたユーモアあふれるお話です。

出典:『ジャズ・エイジの物語 フィッツジェラルド作品集1』荒地出版社、昭和63年第8版より、寺門泰彦 訳「バーニスの断髪宣言」

 

★     ★     ★

ジャズの喧騒に満ちたダンスパーティで、たくさんの異性と踊ること。それが当時の若者たちの社交界での流行でした。本命の恋人とだけしみじみと寄りそって踊るような雰囲気などこれっぽっちもなく、「一晩に十二回も相手をかえて踊る蝶ちょのような」女の子がモテていました(p. 57)。

マージョリーはまさにそんな蝶ちょのような女子で、おバカな男子どもから熱狂的に支持されていました。一方、彼女の従妹のバーニスは気立ての良い古風な娘で、パーティでは愚直にも同じ相手とばかり踊り、男子とのきわどい会話にうろたえて赤面してしまう生真面目な性格の女の子です。

マージョリーとバーニス、お嫁さんにするならどっちと聞かれれば、答えは言うまでもありません。が、それと「流行」はまったく別問題。バーニスは見る目のない男どもから退屈がられ、社交界ではさっぱりイケてない事実に彼女自身ひどく落ち込んでしまいます。そんな彼女に対しマージョリーは、

「ほんとにお馬鹿さんね、あなたって人は。あなたのような娘がいるから退屈で灰色の結婚がなくならないのよ。女らしさという美名でもてはやされるあのぞっとするような不能率がなくならないのよ。」

(p. 65)

と、容赦のないダメ出し。挙句の果てにはバーニスの長い髪をばっさり切るべきと面白半分に提案します。それを真に受けたバーニスは、社交界で人気者になるため、意を決して断髪宣言をします。面白がった男子たちは一転、彼女に注目するのです。

話題性のある者に群がって退屈をしのぐ平凡な心理の犠牲となったバーニス。それまで男どもの人気を欲しいままにしていたマージョリーが、バーニスのこの予想外の「活躍」を目の当たりにしたことで、事態はさらにややこしくなっていきます。

……かわいそうなバーニス、本当に髪を切ってしまうの? いくらみんなの注目を惹くためとはいえ、それがキミの本当に望んでいたことなの? そんなことを考えながら物語の続きを読んでいくと、ちょっぴり胸が痛みます。

彼女の顔の何よりの魅力はマドンナのようなあどけなさにあったのだ。それを失ってしまった今、彼女は――

(p. 78)

世の中の一時的な熱狂に「無理に」付き合ってしまったバーニスの行く末を、皆さんはどう思うでしょうか。物語の最後には、ちょっとしたドンデン返しが起こります。僕的には、かなりスカッとします。我らが悲劇の女王バーニスのためにも、ひとまずはその結末を大いに楽しんであげましょう()

それでは、今日はこれにて。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA