#30 宮沢賢治 『猫の事務所』 ~ミンナ、カワイソウ~

「おすすめ文学 ~本たちとの出会い~」

30回目。先日、藤城清治さんの影絵展を見てきました。その影響で宮沢賢治の童話を読み返したくなって、ブックオフで新潮文庫版の「銀河鉄道の夜」を購入。表題作や「セロ弾きのゴーシュ」など、懐かしい作品が多数収録されていたのですが、その中に一編、隠れた名作を再発見したのでご紹介します。

 


新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

 

★     ★     ★

#30 宮沢賢治 『猫の事務所』 ~ミンナ、カワイソウ~

15年くらい前に読んだきり、すっかり忘れ果てていた童話「猫の事務所」。猫好きの人ならタイトルを見ただけですぐにページを開いてみたくなるのではないでしょうか。

でもこれは、かわいい猫ちゃんたちのほのぼのとした癒しの物語ではありません。作中の猫たちが演じているのは、いつの世も無くなることのない、いじめや差別を繰り返す僕たち人間の、ありのままの姿なのです。

出典:宮沢賢治 『新編 銀河鉄道の夜』 新潮文庫、平成14年第29刷より「猫の事務所」

 

★     ★     ★

主人公の「かま猫」は、猫の第六事務所で働く書記。彼は事務長の黒猫の下で働く4名の書記(白猫、虎猫、三毛猫、かま猫)の中ではいちばん下っ端で、他の3匹の同僚たちから職場でいじめを受けていました。

かま猫がいじめられる理由の一つは、彼の外見です。生まれつき毛皮が薄く寒さに弱いため「かまど」の中で眠らなくてはならず、全身が煤まみれで汚れているのです。

「かま猫」という呼び名自体、彼の身体的ハンディキャップや容姿への差別的な表現であり、彼が本来は何猫なのか、いっさいの説明はありません。

かま猫はあたりまえの猫になろうと何べん窓の外にねて見ましたが、どうしても夜中に寒くてくしゃみが出てたまらないので、やっぱり仕方なく竈のなかに入るのでした。(・・・)やっぱり僕が悪いんだ、仕方ないなあと、かま猫は考えて、なみだをまん円な眼一杯にためました。

(p. 132)

自分が他とちがう存在であることを肯定できない社会で、それでもかま猫は仕事を辞めず、同じかま猫仲間たちの期待も背負い、懸命に生きています。

彼は実際に4名の書記の中ではいちばん仕事ができる猫で、事務長の黒猫だけは、かま猫のことを有能な部下としてかわいがっていました。

そのことが、他の3匹の先輩たちの妬みを買うのは明らかです(人間の社会でもよくありますもんね)。先輩たちはかま猫のいないところで彼の悪口を言って上司の黒猫をそそのかし、とうとう職場の全員がかま猫の敵となってしまい、彼はいじめの集中砲火を受けるのです。

猫なんていうものは、賢いようでばかなものです。

(p. 132)

だからこんな低レベルないじめが起こるのだと、童話を読む僕たち人間は、はたして自分たちとは無関係な事のように一笑に付すことができるでしょうか。

いじめのエスカレートしてゆく職場はある結末を迎え、猫の事務所そのものが廃止になってしまうのですが、この終わり方をどう考えるかが物語を読み解くうえで重要なポイントになるので、詳しくは是非とも作品を読んでいただければと思います。

この作品が末永く人々に読まれることを考えたとき、正直複雑な気持ちになります。物語に描かれる出来事が、未来永劫、僕たち人間にとっての未解決の問題として読み継がれていくならば、それはさすがに情けないことですからね。

でも、まずは読んでみてください――猫が好きな人も、人間が好きな人も。

それでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA