禁断の果実

もう6月です(いつの間に?)

6月といえば、来る19日は太宰治を偲ぶ「桜桃忌」。

忌日名のもとになった短編「桜桃」は、読んだことのある方もたくさんいらっしゃると思います。

酒場で出された桜桃の実(さくらんぼ)を、「食べては種を吐き、食べては種を吐き、」……作中の印象的な描写ですが、そんなに不味そうに食べるなら止せばいいのにと思って読んだ、遠い昔を思い出します。

僕の生家の小さい庭にも桜桃の木があって、5月中旬あたりから点々と赤い実を付けます。

見た目はおいしそうなのですが、売っているものと比べて小さくて、酸っぱくて、味も香りもうすい。でも子どもの時は夢中になって背伸びして、取れるだけ取ってその場で食べました。一人さくらんぼ狩りです。

さくらんぼって、食べ始めると止まらなくなります。

皿に盛ったら盛っただけ、木になっていたらなっているだけ、食べては種を吐き、食べては種を吐き……美味いのか不味いのかも分からなくなって、それでも何かに憑かれたように延々と食べ続けてしまう。

忘我の境地へと誘う、禁断の果実。

でも高価だから、悟るほどに食べられないのが現実です(笑)。

今が旬のさくらんぼ、皆さんもいかがですか。食べる桜桃はお近くのスーパーへ、読む桜桃はこちら↓

 

 

それでは、今日はこれにて。

 

「禁断の果実」への2件のフィードバック

  1. 先生、안녕하세요(アンニョンハセヨ)、「さくらんぼ」は「桜桃」
    と書くのですね、はじめて知りました、韓国語では、さくらんぼは、
    버찌(ポッチ)とか、앵두(エンドゥ)、체리(チェリ)とか言い
    ます、チェリはチェリーだと思います、ちなみに、先生の名前は、
    사토시노부で、発音は「サトシノブ」です、韓国の「藤」は「トウ
    (発音はトオ)」ではなく、「ト」だけです、日本語の発音通りだと、사토오시노부(サトオシノブ)ですが、韓国語は、사토시노부
    で(サトシノブ)です。
    私もさくらんぼは好きですが、おいしい佐藤錦などは、高くてあま
    り食べたことがありません、また桜餅も大好きです、葉っぱごと食
    べます、塩味がして、葉っぱもおいしいですね。
    寒暖の差が、まだ続くと思いますので、お体に気をつけてください。
    그럼 안녕히 계세요(では、さようなら)。

    1. コンナムルさん、こんばんは。
      韓国語をたくさん教えていただきありがとうございます。
      ハングルは見た目も発音も独特の雰囲気があって面白そうですね。
      まずは自分の名前を書けるようになるまで頑張ります!
      最近は、日中は蒸し暑くて、夜はまだ少し冷えますね。
      コンナムルさんもお体に気をつけてお過ごしください。
       사토시노부 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA